Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じられない世界


あるプリスクールの申し込みは、最初、夫に電話してもらったところ、曖昧な返事でした。

申込日は1日だけあって、早朝から並んで順番を待つらしいと夫は聞いてきました。

「申込日はいつなの?」と夫に聞くと、電話を取った人はいつだったか覚えていないと言ったとのこと。

そんないい加減なことを言う人、いるのかしらと疑いが残りました。

次には夫がプリスクールまで出向いて、園長の女性に会って話を聞いたところ、また同じ返事で、申込日に早朝から並んで順番を取り、申込するのだと言われたそうです。

夫がそれはいつですか?と聞くと、ホームページを見てくれと言われ、すごすご帰って来ました。
ホームページには申込については直接問い合わせることとしか書いてありませんでした。


心には暗雲が立ち込めて、藁にもすがる思いでした。

ふと夫が、そういえば、あそこのプリスクールの親会社で経理を、昔の夫の同僚がしていることを思い出し、早速、元同僚に話をしてもらいました。


元同僚は、園長のことを知っているとのこと、
私たちの名前を話しておいてもらいました。

それから数日後、電話して、経理の夫の元同僚の名前を出すと、園長は手の平を返すような応対で、やっと申込日の正確な日にちを教えてもらいました。
申込日をはぐらかされていたことが嘘のようでした。

知り合いやコネがないと、一事が万事、こういうことになります。
学校も就職もこんな感じです。アメリカンドリームって、本当にあるんでしょうか。
何もかも知り合いや、コネや、もともと持つ権力やお金がモノを言う世界。
どうやって頑張ればいいのか。

私には、信じられない世界です。








にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

冷めている自分


夫にはお気に入りの女性がいます。

以前は、その女性のことで相当やきもきしたものですが、最近ではもうなんとも思わなくなってきました。

冷めたんでしょうか、愛情が?


そもそも、妻や子供とは別格に気に入っているとは、なんということでしょうか。


指一本触れるでもなく、ただ時々メールする位の接点があるだけの彼女。

もうすぐご結婚されるそうで、いそいそと結婚のお祝いを彼女とその新郎に選ぶ心境というものが既に理解を超えている感じです。


よそのご主人たちもそういうことをしているのでしょうか。

私に仮にそういう存在の男性ができたら、夫はどう感じるのでしょうか。


男女の間のそういうことは本当に他人の理解できない奇妙な時があるものですね。

歳のせいでしょうか、もう考えることも面倒で、冷めた目をした私です。




にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

キンドルで読書


キンドルは目も疲れないし、バッグに入れていても重くない、
無料本も多いし、本屋まで行かなくても、本が買えます。
絵本も読めるということで、いいこと尽くしです。

オススメです。

キンドル自体持っていなくても、キンドルのアプリを使って読むこともできます。

子育てや、夫婦の間の諸々のことで、頭の中が煮詰まった時など、
読書で思いがけずリフレッシュできることがあります。


読書習慣、ぜひお試しください。


可愛いイラストおすすめKindle本↓

こんにちは わたし: わたしが最近やっと気がついたこと




にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


48歳になってわかってきたこと


48歳になってわかってきたこと。

いろいろな人に出会って、
いろいろな生き方を見て、
その家族を見て、
その子どもたちの成長を見ました。

お金持ちの暮らしを見て、
お金に困っている人の暮らしも見ました。

病気に苦しむ人を見ました。
精神状態が荒んでいる人も見ました。


いろいろな場所、
いろいろな暮らし、
違うパートナー、
またはひとりぼっちの暮らし、
たくさん、たくさん見てきました。


今、48歳になって思うのは、
結局、いい心を持って、誠実な生き方をしている人が、
一番素晴らしいということです。


たとえ出世して大金を持っていても、
心が悪ければ、全然駄目です。

数年後、数十年後に自分の行いの結果が出てきます。


賢い子だと自慢していたところで、
その子の将来どうなったかと言うと、
やっぱり、心をいい心に導いてやった親の家族の方が幸せになるケースをよく見ました。


心がやっぱり大事だと思います。
この年になって再確認です。



にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村

きれいに年を重ねるには


前髪に白髪がめっきり多くなってきました。

これは産後、急に増えたのです。
出産してすぐ抜け毛がひどく、額が後退するくらい前髪が無くなって、それから生えてきた前髪に白髪が目立ってきました。

関口宏?みたいに、ひとすじ白髪が目立ちます。わざと白髪を残したみたいにひとすじだけ白髪なんて、嫌だと思っていて、ピンで前髪をあげていましたが、このスタイルがおばさんぽいのかなと思うようになりました。

染めようかと思う私に夫が大反対。

やっぱりアメリカ的発想なのか、ナチュラルビューティー賞賛で、手を加えるのが嫌いみたいです。
夫は自然な黒髪が好きで、化粧も嫌いなのです。

そういう夫の意見を聞く方が間違い、これは自分で勝手にやるしかないなと思いました。

自然な髪色に染め、ノーメイクっぽいメークをしよう。


目指すのは若作りではなく、きれいに年を重ねることかなと自分の中で考え始めました。

とりあえず毎日、YouTubeでエアロビクスでいい汗をかき、野菜を多く摂り、きれいに年を取りたいと思う今日この頃です。



にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村



Menu

プロフィール

Author:ブラウニーモカ
40代からの新しい生き方を探していた私。
一年の国際遠距離恋愛を経て結婚。
まさかの予期せぬ自然妊娠で、45歳で子どもを授かりました。

QRコード

QR

楽天

visitors

Flag Counter

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。